暮らす_class

アトピーをきっかけに変わった、心と暮らし。

アンチ脱ステでありアンチステロイドでもあるこの気持ち

抗生物質と抗ウイルス剤を服用し、顔にもリンデロンを塗ることになりました。

2日後
f:id:Sechuko:20190402103048j:plain:w150 
5日後
f:id:Sechuko:20190402103151j:plain:w150
6日後
f:id:Sechuko:20190402103231j:plain:w150

実はこの3回の大荒れの間、どのタイミングか忘れましたが脱ステを試みた事がありました。

こんな状態ですから、ネット検索の鬼となりありとあらゆる情報を見ます。
するとやはり「ステロイドで騙す程に治りが遅くなるので脱ステで完治を目指す」「ステロイドをうまく使って完治を目指す」の二択なのです。
後者はこの一年間やってきた。
ステロイドも効かなくなってきてこんなに悪いのだから、この際毒を出し切ってしまおうと安易な考えでした。


その結果がこれです。
みんなが辛い思いをするだけ。
もちろん脱ステ専門医が毎週診察してくれるとか、大人自身がアトピーで脱ステするのは良いかもしれません。
でも子供に押し付けるのはいけない。
とても心の痛い勉強になりました。
我が家は「ステロイドをうまく使って完治を目指す」方向でいこうと決心できました。


ただ今回あまりに効きすぎるステロイドに恐ろしさを感じたのも事実。
薬の事は先生にお任せして、生活の面でありとあらゆる事を試そう。
そしていつかステロイドから抜けられることを夢見よう。
夢の中だけが希望でした。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ヘルペスかとびひかカポジ水痘様か、状態が酷すぎて判断できないと言われた日

そしてまた翌月。
3回目の大荒れです。
2018年12月
f:id:Sechuko:20190402103918j:plain:w150

でも今までと明らかに違う荒れ方でした。
ウイルスとか細菌とかそっち方面だなと見てわかりました。


というのも息子は陰嚢湿疹の可能性があり、特に夜中に泣きながら股を掻きむしり出血させ、その手で顔や頭も痒いと掻いてしまうのです。
シーツもパジャマも毎晩血まみれ。
お陰でこの1年、夫婦共に朝まで熟睡できる日はありませんでした。


夜中の掻きむしる音。浸出液の匂い。
髪の毛は固まって逆立ち、瞼も開かなくなり、目が開かない!怖い!とパニックになる息子。
薬を塗るのも嫌がり泣き叫ぶ。
掻きむしって悪化してしまう息子にイライラしてしまう。それが伝わり息子は更に掻きむしる。


今振り返ると、この時が絶望のピークでした。



すぐいつもの小児科へ。
ついに先生が絶句しました。
ヘルペスとびひかと思うが酷すぎて判断できない、と言われました。
後日聞いた話では、カポジ水痘様発疹症も疑って、転院入院を検討したようです。

私の感覚では、この日から先生が本腰を入れて診てくださるようになりました。昨年末のことです。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

アトピー気味から重度アトピーに変わった息子

改善はせず少しずつ悪化して一年が経った頃。口と目の周りがジュクジュクして皮膚が剥がれる、大荒れが発生しました。

2018年10月
f:id:Sechuko:20190402103618j:plain:w150
f:id:Sechuko:20190401164413j:plain:w150

これまで結果のでなかった小児科を変え、アレルギー検査をし重度のアトピーハウスダストアレルギーであることが判明。

藁にも縋る思いで空気清浄機やマットレス用ダイソンを買い、布団の手入れや掃除に精を出していました。

そして翌月。
2回目の大荒れとなりました。

2018年11月
f:id:Sechuko:20190402103751j:plain:w150

親子共にメンタルがやられました。
一年前はツルツルの綺麗なお肌だったのにどうして?

この状態で夜な夜な布団に顔を擦り付ける。お願いやめて、と止める。痒いよ痒いよ!と発狂する。夜は眠れず、朝は起きられない。

肌が荒れ過ぎていて…という理由で幼稚園も休んでいました。

元の小児科がアレルギー専門なので、もう一度戻りました。

息子はザイザルシロップを欠かさず飲み、しっかりステロイドと付き合っていかなければならないこと。
症状の重い時にアレルギー検査をすれば、普段は出ないものもアレルギーと結果が出ること。
だからアレルギー検査の結果で一喜一憂する必要はないこと。

今までは流す感じの診察でしたが、この時は時間をかけて説明を受けました。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

アトピーのはじまり

ブログ開設から150日も経過してしまったのは、この数ヶ月間悪化するアトピーで地獄を見ていたからです。ようやくブログにする気力が湧きました。まずはアトピー発症前のお話から。



息子は乳児期からよく膝や膝の裏を掻いて赤くなってしまい「アトピーまではいかないけどアトピー気味の肌」という診断を受けていて、3歳には軽い喘息でたまに小児科で吸入していました。

まだツルツルだった2017年夏
f:id:Sechuko:20190402103424j:plain:w200



同年冬。まず口の周りが荒れ始め、喘息になり、目の周りが荒れていました。

喘息の吸入で使う「パルミコート吸入液」と「メプチン吸入液」があり、症状が重かった為一日の吸入回数が多く、しかもそれぞれの摂取量を私が逆に与えてしまったんです。

うろ覚えですが、ステロイドであるパルミコート吸入液を一日7回も吸入させてしまった。一週間後には肌が荒れていて、先生に相談しましたが、そのような副作用は報告されていないとの事。でも無関係でもないのではと未だに心が痛いのです。



それからロコイドを塗り続けても、口と目の周りが一向に治らなくなりました。皮膚科に行っても変わらない。喘息を繰り返す。肌は少しずつ酷くなっていく。ステロイドが効かなくなった?と迷いながらも塗り続ける日々でした。
f:id:Sechuko:20190402103521j:plain:w200


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

息子のダニ&ハウスダストアレルギーがレベルMAXだった

Sechukoと申します。

専業主婦。なんてことない日々のありふれた幸せを、丁寧な暮らし感も交えつつ更新していこうと思ってました。
昨日までは。

最近の悩みは息子の肌荒れが酷すぎることで、ここ数日は目も当てられない顔に。
卵かなー牛乳かなーそろそろはっきりさせて完全除去しなきゃ、と思っていたんです。
数日前に病院でアレルギー検査をし、今日がその結果発表の日。

項目名Igh
基準値が170IU/ml以下のところ
息子なんと9900IU/mlと判明
ハウスダストとヒョウダニはクラス6(最も悪い)

もう控えめに言って最悪。
先生も、ちょっとこの値はそうそう出ないよって感じでした。

食べ物除去じゃなかった。
家中のホコリ・ダニと戦いながら、息子の肌と向き合う。(ホコリとダニってそもそも完全除去できなくなーい?って恐れおののいています)


それではsechukoのブログ、はじまりはじまり。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村